Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

才能職である芸術家の苦悩。

milieu.ink 才能職である芸術家って相当大変そう。才能に加えて努力が必要だし、命がけ。下積み中にも地道な活動が必要である。 この人はプロだと思う。つまり、この記事は下積み時代のことだろうかと思う。芸術大学卒の人。芸大は東大以上の倍率で、浪人も…

金と幸福と愛。

金と幸福と愛。 私は、6つ年上の女性に、とても高級な店に連れて行かれた。 高級だということは、彼女たちの騒ぎようで分かったが、私はその高級な場所を楽しむだけの心の余裕がなかった。というか、酒を飲んで気が紛れただけであって、楽しいという感情は…

男と女と、その観察者。

ある立ち飲み屋で、親子ほど歳の離れた男と女が飲んでいた。そこに、ちょっと経験値の高そうなオジ様が二人入ってきた。立ち飲み屋なので、この4人は同席した。最初、その4人は話さなかった。しかし、オジ様二人は、この男と女が気になるようで、チラチラ…

柔らかな笑い声と、慎重な男の子。

私が受講しているクラスに、目の見えない人がいる。からだの全てが目の代わりを果たしているからか、いつも周りに注意を払っていて、慎重そうな雰囲気を持っている人であった。でも、表情は穏やかで、優しそうな空気を身にまとっていた。彼はいつも最前列に…

ようやくメイクをする気分がちょっとだけ出た。

ようやくメイクをする気分がちょっとだけ出た。たぶん、マレーシアで、ゆるふわ気分だから。 本来はスケジュールはツメツメだし、することも溜まっているけれど、何もしなくてもイイや、どうにかなるや、って気分だからだと思う。 勉強をせずに、感じたこと…

夫とともに焼かれて死ぬ女たち。

Sati というインドの独特な風習がある。これは、夫が亡くなったときに、妻も一緒に焼き殺されるということである。実は、この風習はインドの最大の宗教であるヒンドゥー教の教えとは矛盾している。ヒンドゥー教では人を殺してはならないとあるが、過去から受…

人生初の…🤗

アーチェリーを人生ではじめてやった。これは集中力が鍛えられるとかいう話を聞いていたので、たくさん打つとかなり疲れるんじゃなかろうかと思った。 たくさんの気づきを得られた。 こういうものは「型」というのがあるはずなので、途中からお店のお兄さん…

「相手の仕事について、こちらから話すな」

「相手の仕事について、こちらから話すな」「政治とスポーツの話はするな」 とか、いろいろと教わった。日常会話での禁止事項ではなく、男性と話すときの心得。 仕事の話をしないのは、仕事というのは結構たいへんでしょ。だから、そんな大変な思いから解放…

におい

外の空気をいっぱいに含んだ洗濯物のかおりで、幸せなきぶんになった。これまでは手洗いだったので、洗濯物が乾くのにとても時間がかかっていた。洗濯機、水を絞り出してくれて、ありがとう。私の腕力じゃ敵わないわ。 なぜ洗濯機を使わなかったかというと、…

中国人ルームメイトに支えられて。

中国人ルームメイトに支えられて。 「明日、健康診断だよ?」とルーミーに言われて初めて知った。健康診断があるのは知っていたけど、ルーミーがアレコレ面倒を見てくれるため、ひたすら放置。 「アレ持って、コレ持って」とルーミーに言われるがまま準備。…

あなたを縛りつけたい。

「においを嗅ぐのが好きなんです」 新妻が言った。 「僕のね、この辺りから彼女は嗅いでゆくんです」 新郎は首を右にちょっと傾け、左側の首筋を指差す。 新妻が新郎の首筋にくちびるを這わす光景が脳裏に思い浮かんでくる。 「それでね、だんだんと下にさが…

私はスマホよりもぬいぐるみと遊びたい。

news.yahoo.co.jp スマホの中にどんなアプリが入っているかにもよるなぁ・・・。辞書とか事典とか、株式情報のアプリだけ入れていたら、子どもはどんな反応をするのだろうか? ←あえて株式w スマホ以外に絵本、積み木、スケッチブックで代替えってできない…

女性はどう生きたらいいのかしら?

女性はどう生きたらいいのかしら? と、様々な記事を見ながら考えてしまった。 「女性だけがお茶を淹れ、制服を着る日本企業」(クーリエ・ジャポン)という言葉が、この思索の発端である。 参照:https://courrier.jp/columns/76613/ 女性がお茶を淹れる風…

「言葉と空気の力」

「言葉と空気の力」 いろいろな人との会話の中で得たことを、私は書き留めている。目の前で書き留めることもあれば、あとでこっそりパソコンに入れ込むこともある。インターン中は、感じたことを都度スケジュール帳に書いていた。 そのうちの1冊のノートを…

怒鳴り散らす人を冷静に眺める。

家の人が怒りでブルブルと震えて涙目である。私を怒鳴り散らす。 私は、今回、機嫌を取らないと決めた。道化師を演じる選択肢も捨てた。私は、あの人にチラと目を配らせただけで外へ出ていった。 何故こんなに怒るのか? それは、私と彼女があまりに違うため…

「下克上受験」が、大キライ!

「偏差値を70代に上げました(?)」という「下克上受験」というドラマを観ているけれども、とても違和感を感じる。偏差値が学力を示すのは分かるのだけれども、それで人間がはかられている感じがする。同じ物差しで人間が見られている感じ。 本当は人には…

ウザイ姉から妹へ。

「ウザい」 「お姉ちゃんには関係ない。口出すな」 怒られたら、妹が口にする言葉だ。 私としては、黙っておくことは簡単。というか、楽。でも、言うべきことは言わなければならない。 「何も言わなければ、あなたは一生成長しないということだよ?」 毅然と…

乳がん検査がこわい。

乳がん検査。がんになってしまったら、お金がかかる。大学にも行けない。当然、奨学金も貰えない。うーん、でも、初期だと薬物療法で入院しなくてもいい可能性もあるから(知らないけど)、働くことができるから、どうにかギリギリやっていけるかもしれない…

溢れ出る愛情表現をしたい日本人は、ここにいる。

courrier.jp 「日本社会における女性の立場は、極めて特殊である。一般に、料理や掃除などの家事全般は、女性がやるものと考えられている。子育ても同様で、父親が平日に子供と過ごす時間は、平均で1日28分という統計もある。」 お父さん達は働きすぎでは?…

教育とは、相手を愛で包みこむこと。

教育とは。 自分を教育者に見せないように心がけている。それは、相手が私と対等に口をきくことによって、相手の本心をさらけ出させるためである。 いい子を演じさせるのが教育ではない。 たとえば、思いやりであれば、思いやりのあるフリをさせるのではなく…

「なぜ男と女が惹かれあうのか考えたことある?」

「なぜ男と女が惹かれあうのか考えたことある?」 「たぶん、空気で惹かれあうんだとおもう。性格とか容姿の前に、まず空気があるの。その人が周りに放っている空気。そういう動物的なものをわたしは信じてる」 courrier.jp このように惹かれ合う者同士の繋…

清水富美加さんに光が差しますように。

人は救いを求めるために宗教を信じると聞いたことがあるので、この女優は何かしらを抱えているのではないか? と思い、ブログを訪れたら、何か抱えているような気配を感じました。 しかし、これから映画が3本公開され(未完成のものもある)、CMも2本も持…

家庭内における違和感。

他の学生を見ていると、実家に帰ることを喜ぶ人がいる。喜ばなくても帰る。これはつまり、家族との間に強い違和感がないということだろうかと思う。 もし強い違和感があれば、私のように長期間、家に帰らないだろうかと思う。そもそも、「帰る」という表現自…

島んちゅと都会人。

私が島んちゅだと聞くと、みんなどう感じるんだろうか?珍しがられることが多くて、変な偏見を持たれることは少ない気がする。 島んちゅの私は、都会は階級意識が強いということに驚いた。都会には高級住宅街があれば、一人で立ち寄るなと忠告されるスラム街…

しあわせの共有。

しあわせの共有。 「こんなに買うんですか」と店主が驚きのなかに喜びを包んだような表情を見せた。「はい。」と、私はなんの躊躇いもなく答えた。 「ちょ、チョット待って」店主が少々動揺した様子を見せる。「今日、はじめての売上げだから、電卓を探さな…

オモチャ箱の中であそぶ。

幸せなひととき。 オモチャ箱のような古書店「ブックパサージュ」にて。 retroft.com 迷路というか、ブロックが複雑に組み合わさったような作りの建物の中に、整然とかつ遊びゴコロ満載に書物がたくさん並べられている。 秘密基地のように壁に囲われた場所に…

痛みの原因。

痛みの原因。 耳が痛かったのを、何年も放置していて、プールに行ったら悪化したので、ようやく耳鼻科に行くことを決意した。 「K先生のところに行けばいいよ」と祖母に言われた。 「コワイからヤダ」 この先生は15年くらい前にお世話になったが、そら恐ろ…

あの人を笑わせたくて…。

壁からヒョコッと顔だけ覗かせて、笑顔で私は語りかけた。 「ああ、はい」 と、その人は言い、やっぱり笑わない。 今日もダメだったか・・・。と私は思った。だいたい、笑顔で話しかければ、相手がつられて笑うのに、この人は絶対に笑わない。 笑わない人を…

(相談)教育者として失格の親を持った娘たち。

妹がわがままを言う。 自分は正当なことを言っているようにしか見えないが、私から見ればそうは見えない。 自分でできることを、母親にやれ、と命令口調で言う。 私からすれば、母親に命令すること自体がおかしな話であるし、命令する理由もない。そもそも、…

「この世で最も尊いのは、深い深い愛情である」

www6.nhk.or.jp この番組を見て、コソコソっとだけれども、涙が溢れてきて、終わるとすぐにシャワー室に逃亡したw 祖母はコタツで寝ていたのに、この番組の内容に気づいてか、起き上がってきて、真剣に見ていた。私としては祖母に見て欲しくなかった。おそ…

「経験の利点と欠点」

「経験の利点と欠点」 妹が、アルバイトの経験をもとに、社会の裏側について洞察を示していた。大人になったなぁと思うと同時に、経験というのは人の視点を変えていくのだな、ということを再認識した。 経験豊富の基準というのも人それぞれであるが、私は経…

柔らかな空気。

広島は一度だけ降りたことがある。 無口な上司とふたりで・・・・・(爆笑) 二人っきりで車で8時間?くらい? 往復で? 造船会社に行ったんだったかなぁ? 仕事は15分くらいで終わったんだけれども、お客さんが私を見て、なんで私がいるのか、というよう…

心を育てる。

心を育てる。 戦争は、戦争を経験した世代がいなくなった後に起こる。 という話を読んだことを思い出した。 つまり、戦争を経験した世代というのは、その悲惨さを知っているために、戦争が起こらぬように努力する。しかし、その世代がいなくなり、戦争の悲惨…

オードリー・ヘップバーンと感受性。

オードリー・ヘップバーンの伝記を買った。 あそこまで成功しながらも、晩年もクスリなどに溺れず、慈善活動をし、ヒドイ死に方をしていないので、この人はそこそこ苦労した人間か、あるいはこのような人生を送れるだけの人間性を持ち合わせていたのだろうと…

カメラマンの洞察。

華やかな空間の中に織りなす哀しみを抱えた人々について書いたら、このことを思い出した。 昨年の10月ごろに書いたものである。 10代のとき、私は暇つぶしにカメラマンの助手をしていた。 「お前、苦労しただろう?」 会って1度めか2度めに、カメラマ…

金と幸福と愛。

金と幸福と愛。 私は、6つ年上の女性に連れられて、とても高級な店に連れて行かれた。 高級だということは、彼女たちの騒ぎようで分かったが、私はその高級な場所を楽しむだけの心の余裕がなかった。というか、酒を飲んで気が紛れただけであって、楽しいと…

ありがとう。

年が明けるようなので、祖母に電話。 「ありがとう。」って。 この前、大ゲンカしたから「ありがとう」と言う気分ではなかったけれども、やはり祖母にだけは言わないとと思う。何だかんだ言っても、私のことがよく分からないと言いながら、自分ができること…

好きとか告白とか。

おもしろいことを思い出した。 小学生のときの話である。 私は転校し、まったく違う県に行った。 人見知りで、しかも同級生と遊ぶ習慣のなかった私は(私の遊び相手はいつも10歳以上離れた人ばかりであった)友達ができなかった。もう一人の転校生はすぐに…

錯誤行為。

フロイトのいう錯誤行為について考えている。 (これを考え終えたら勉強する。) この錯誤行為について難しいのは、わざと錯誤行為をする場合である。この場合は、相手の意図が非常に読みづらく、相手もそれを狙っていることも多い。 何故この話になるかとい…

「怒られる訓練」と「嫌われる訓練」

「怒られる訓練」と「嫌われる訓練」 私はよく怒られる。しょっちゅう、しょっちゅう怒られる。 これは何故かと言うと、いちばんの理由は怒られても怒りで返さずに、受け入れることが多いからである(おそらく)。 相手が自分に対して「怒りを爆発させられる…

男前恐怖症。

私は男前が苦手である。 これは、相手のせいではない。私がブサイクだということを強く自覚させられるのが嫌なだけである。並ぶと、自分がブサイクだと言われているような気持ちになる。それでも、最近はしょうがないと思えるようにもなっただけ大人である。…

言葉で心を掴む。

「君は、男に愛想をふりまくな」と、同時期に二人ほどから注意されたことがある。 何故かと言うと「男が勘違いをする」と言うのだ。 こちらは好きだとも会いたいだとも言っていない。でも、私の言葉遣いが非常に良くないようである。 同時期に、二人ほどから…

仕事と人間性。

仕事と人間性。 仕事には、その人の人間性が現れる。 だから、相手の性格や特性に合わせて、こちらも仕事のやり方や、言葉の返し方を変えてゆく。 また、感情というものも厄介なものなので、相手がどのような反応をする人間で、どういう感情を持つタイプなの…

レイプ魔よ、死んでくれ。

zasshi.news.yahoo.co.jp 暴力というのは本当にこわい。 私は幸い切りつけられなかったけれど、「殺したい」と言われたことがある。 それで「サッサと死にたいわ」と吐き捨てるように言ったら、相手が怖気づいてやめた。私は、自分の命なんぞ惜しくもなかっ…

嘘かマコトか?

嘘かマコトか? ローラの結婚式のCMの評判が良かったので見てみた。 「ローラがかわいいから評判がいいだけであって、彼女の喜びやハニカミは偽物でしかない」という印象を受けた。これが、本物の演技派俳優で、監督も実力者だと、演技に魂が入り、表情や言…

「苦悩が人を育て上げる」?? ホンマかいな???

「苦悩が人を育て上げる」という言葉を、私はやっぱり疑っている。 これは人それぞれであり、苦悩に押し潰される人間もいるし、トラウマがマイナス作用を生んで、人生を前に進めることを阻む可能性だってあるのだ。そして、傷つきやすい人間であればなおさら…

リベンジ。

試験まであと8日くらいだろうか。 カウントしなければ、勉強するのを怠けてしまう。 今日も勉強しなかった。 引っ越しの準備なのか何なのか、チョロット荷物に手をつけた。 そのうち、お肉が食べたくなったのでイオンに行った。 少食になったので、完食する…

トラウマと向き合う。

トラウマと向き合う。 トラウマ=心的外傷後ストレス障害 何だか、トラウマというと深刻な感じがする。でも、過去のことがフラッシュバックし、様々な恐怖感に駆られてしまうのは、やはりトラウマなのかもしれないと思い、仕方がないのでこう呼ぶことにした…

【言葉の恐ろしさ】

【言葉の恐ろしさ】 美しい言葉を並べ立てる人間を見ると、私は疑ってしまう。 その美しい言葉が、自己を美しく見せるものであればなおさらである。 人間の卑怯な一面を見たことがない人間は、この美しい言葉に騙されることがある。純粋であれば、言葉をその…

人間社会の闇。

courrier.jp アメリカ人の助教が書いた論文を読んだことを思い出した。 差別、スラム街について書いた論文だ。ガチで書いたものなので、難しすぎた。 課題を完成させることに集中して、あまりその内容の深刻さにまで考えを及ぼす時間がなかったけれども、あ…