Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「この世で最も尊いのは、深い深い愛情である」

www6.nhk.or.jp この番組を見て、コソコソっとだけれども、涙が溢れてきて、終わるとすぐにシャワー室に逃亡したw 祖母はコタツで寝ていたのに、この番組の内容に気づいてか、起き上がってきて、真剣に見ていた。私としては祖母に見て欲しくなかった。おそ…

「経験の利点と欠点」

「経験の利点と欠点」 妹が、アルバイトの経験をもとに、社会の裏側について洞察を示していた。大人になったなぁと思うと同時に、経験というのは人の視点を変えていくのだな、ということを再認識した。 経験豊富の基準というのも人それぞれであるが、私は経…

柔らかな空気。

広島は一度だけ降りたことがある。 無口な上司とふたりで・・・・・(爆笑) 二人っきりで車で8時間?くらい? 往復で? 造船会社に行ったんだったかなぁ? 仕事は15分くらいで終わったんだけれども、お客さんが私を見て、なんで私がいるのか、というよう…

心を育てる。

心を育てる。 戦争は、戦争を経験した世代がいなくなった後に起こる。 という話を読んだことを思い出した。 つまり、戦争を経験した世代というのは、その悲惨さを知っているために、戦争が起こらぬように努力する。しかし、その世代がいなくなり、戦争の悲惨…

オードリー・ヘップバーンと感受性。

オードリー・ヘップバーンの伝記を買った。 あそこまで成功しながらも、晩年もクスリなどに溺れず、慈善活動をし、ヒドイ死に方をしていないので、この人はそこそこ苦労した人間か、あるいはこのような人生を送れるだけの人間性を持ち合わせていたのだろうと…

カメラマンの洞察。

華やかな空間の中に織りなす哀しみを抱えた人々について書いたら、このことを思い出した。 昨年の10月ごろに書いたものである。 10代のとき、私は暇つぶしにカメラマンの助手をしていた。 「お前、苦労しただろう?」 会って1度めか2度めに、カメラマ…

金と幸福と愛。

金と幸福と愛。 私は、6つ年上の女性に連れられて、とても高級な店に連れて行かれた。 高級だということは、彼女たちの騒ぎようで分かったが、私はその高級な場所を楽しむだけの心の余裕がなかった。というか、酒を飲んで気が紛れただけであって、楽しいと…

ありがとう。

年が明けるようなので、祖母に電話。 「ありがとう。」って。 この前、大ゲンカしたから「ありがとう」と言う気分ではなかったけれども、やはり祖母にだけは言わないとと思う。何だかんだ言っても、私のことがよく分からないと言いながら、自分ができること…

好きとか告白とか。

おもしろいことを思い出した。 小学生のときの話である。 私は転校し、まったく違う県に行った。 人見知りで、しかも同級生と遊ぶ習慣のなかった私は(私の遊び相手はいつも10歳以上離れた人ばかりであった)友達ができなかった。もう一人の転校生はすぐに…

錯誤行為。

フロイトのいう錯誤行為について考えている。 (これを考え終えたら勉強する。) この錯誤行為について難しいのは、わざと錯誤行為をする場合である。この場合は、相手の意図が非常に読みづらく、相手もそれを狙っていることも多い。 何故この話になるかとい…

「怒られる訓練」と「嫌われる訓練」

「怒られる訓練」と「嫌われる訓練」 私はよく怒られる。しょっちゅう、しょっちゅう怒られる。 これは何故かと言うと、いちばんの理由は怒られても怒りで返さずに、受け入れることが多いからである(おそらく)。 相手が自分に対して「怒りを爆発させられる…

男前恐怖症。

私は男前が苦手である。 これは、相手のせいではない。私がブサイクだということを強く自覚させられるのが嫌なだけである。並ぶと、自分がブサイクだと言われているような気持ちになる。それでも、最近はしょうがないと思えるようにもなっただけ大人である。…

言葉で心を掴む。

「君は、男に愛想をふりまくな」と、同時期に二人ほどから注意されたことがある。 何故かと言うと「男が勘違いをする」と言うのだ。 こちらは好きだとも会いたいだとも言っていない。でも、私の言葉遣いが非常に良くないようである。 同時期に、二人ほどから…

仕事と人間性。

仕事と人間性。 仕事には、その人の人間性が現れる。 だから、相手の性格や特性に合わせて、こちらも仕事のやり方や、言葉の返し方を変えてゆく。 また、感情というものも厄介なものなので、相手がどのような反応をする人間で、どういう感情を持つタイプなの…

レイプ魔よ、死んでくれ。

zasshi.news.yahoo.co.jp 暴力というのは本当にこわい。 私は幸い切りつけられなかったけれど、「殺したい」と言われたことがある。 それで「サッサと死にたいわ」と吐き捨てるように言ったら、相手が怖気づいてやめた。私は、自分の命なんぞ惜しくもなかっ…

嘘かマコトか?

嘘かマコトか? ローラの結婚式のCMの評判が良かったので見てみた。 「ローラがかわいいから評判がいいだけであって、彼女の喜びやハニカミは偽物でしかない」という印象を受けた。これが、本物の演技派俳優で、監督も実力者だと、演技に魂が入り、表情や言…

「苦悩が人を育て上げる」?? ホンマかいな???

「苦悩が人を育て上げる」という言葉を、私はやっぱり疑っている。 これは人それぞれであり、苦悩に押し潰される人間もいるし、トラウマがマイナス作用を生んで、人生を前に進めることを阻む可能性だってあるのだ。そして、傷つきやすい人間であればなおさら…

リベンジ。

試験まであと8日くらいだろうか。 カウントしなければ、勉強するのを怠けてしまう。 今日も勉強しなかった。 引っ越しの準備なのか何なのか、チョロット荷物に手をつけた。 そのうち、お肉が食べたくなったのでイオンに行った。 少食になったので、完食する…

トラウマと向き合う。

トラウマと向き合う。 トラウマ=心的外傷後ストレス障害 何だか、トラウマというと深刻な感じがする。でも、過去のことがフラッシュバックし、様々な恐怖感に駆られてしまうのは、やはりトラウマなのかもしれないと思い、仕方がないのでこう呼ぶことにした…

【言葉の恐ろしさ】

【言葉の恐ろしさ】 美しい言葉を並べ立てる人間を見ると、私は疑ってしまう。 その美しい言葉が、自己を美しく見せるものであればなおさらである。 人間の卑怯な一面を見たことがない人間は、この美しい言葉に騙されることがある。純粋であれば、言葉をその…

人間社会の闇。

courrier.jp アメリカ人の助教が書いた論文を読んだことを思い出した。 差別、スラム街について書いた論文だ。ガチで書いたものなので、難しすぎた。 課題を完成させることに集中して、あまりその内容の深刻さにまで考えを及ぼす時間がなかったけれども、あ…

目の表情。

smoke-movie.com この写真を見たとき、胸がきゅっとした。そして、すこし息が荒くなった。 「ふかい」 そう、ただただ思った。 人生における哀しみだとか喜びとかが見えた。いや、これらの言葉では現しきれない何かもっと複雑なものがある。この左の人の目は…

死んでほしいと願った男。

久しぶりにLINEを開いたら、私が「死んでほしい」と心底願っていた男からメッセージが届いていた。殺したいわけではなく、単に死んでほしいだけ。 先週、試験の合格発表だったらしく、無事に受かったようであった。私はそもそもLINEを開かないので当然返事を…

【今年1番がんばったこと = 今年1番の大失敗】

【今年1番がんばったこと = 今年1番の大失敗】 今年1番がんばったことを財団から聞かれたが、思い浮かばずに回答を放置していた。私が手を出したことは多岐にわたるので、一口にはいえない。だから、放置し続けた。 そのまま数週間が経ち、ふと思い出し…

しあわせ。

幸せないちねん。 つらかったけれども、だからこそ、とっても幸せだなぁと感じた。 本当にたくさんの方々が、いろいろな形で優しさをくださった。 つらいときだからこそ分かることが沢山ある。 人の優しさだったり、自分の至らなさ、自分が学習すべきこと。 …

国際関係論の論文を書いている。

論文2本。 「南シナ海の領土問題が起こった原因について」というテーマは同じなんだけど、これが国際関係論的視点と、アメリカ外交からの視点と両方から書くの。 このテーマにした理由は、私が東南アジアに留学に行くから、そのために、東南アジアの授業と…

心の皮を剥いてゆく。

好きな人が近くにきてくれた。 私は、すぐに気がついたのだけれど、 非常に具合がわるくて、あと、どんな目で彼を見ればいいかわからなくって・・・。目を見たら、涙が出てきそうだし、自分がこらえてきたものが出てくる怖さ、そして、それをこらえるために…

男が隠している牙。

男というのは常に牙を隠して、こちらを襲うタイミングを見計らっている。 と、男友達に言ったら、すぐに言葉の意味を了解した。 つまり、いい人のふりをして近づき、女性といっしょにいるときに、隙きがあったら狙って、食ってしまおうということである。 も…

同居人の涙。

人が泣いているとき、どう対応するかは非常に難しい問題だろうかと思う。 まぁしょっちゅう泣いて人にあまえている人間がよく言うわと思うけれども。 ルームメイトがしょっちゅう泣いている気配を感ずる。 これで声をかけるかどうかなのだけれども、私はかけ…

口説きテクニックから考える。

相手の弱いところを突く。 これは常套手段で、口説きテクニックである。 相手が弱っていたら、あまい言葉を囁き、同情する。 そして、相手が心を開いた瞬間に、相手を自分の腕に抱き込むのである。 でも、稀にこれをしない人がいる。そうすると私は「あれ?…

男と女。

「あのさ、目を見たときに、相手が自分を「女」として見ているのか、それが単に「SEXしたいだけ」なのか、それとも「惚れている」のかって、何となく直感で分かんない?」 と、あるお姉さんに聞いた。 「分かるね。」 もちろん、それを上手く隠す人間もいる…

むむむっ!?と、洞察。

いつも私に笑いかけないある先生が、私と目が合ったとき、笑顔で手を振ってきた。 「これはおかしい」何かがあったなーと思った。 挨拶程度はするけれども、ここまで愛想がいいのは、私がもの凄いリサーチをしまくって、何度も先生に見てもらってハイ・クオ…

Resilience = 回復力

Resilience = 回復力 まさか、あんなことでトラブルが起こるとは思わなかった。 一寸先は闇とは言うが、あんな些細なことでダメージを受けるとは思わなかった。 どう対処すればいいか、自分がどう言葉を返せば状況が上手く収まるかは分かってはいるけれども…

人の成長。

今日は、Human Security の、最後の授業だった。 先生が、この写真のような図を書き出した。 これは、私を慰めるために書いたのではないかと思うけれども、傲慢かな? というのも、私はクラスの前に非常にショックなことがあり、涙が止まらなかったからだ。…

いろいろな人の人生を脳裏に浮かべる。

いろいろな人の人生を脳裏に浮かべる。 他人に嵌められるとき、相手が悪人だから嵌められるとは限らない。 自分が相手の恨みを買っていることもある。それが本能的な嫉妬心のこともあるし、自分が相手に対する誠実さがないからだということもある。 佐藤優は…

言葉の恐ろしさ。

言葉というのは恐ろしいものであると思うことがある。 「欺瞞」があったり、言葉の裏にまったく別の「意図」があったりする。 学術的な出版物は、言葉の通りに受け取ればいいけれども、人と人との間に行われるコミュニケーションでは、そういう欺瞞や意図が…

相手に寄り添う。

note.mu すごく好きな記事です。 勉強になります。 こうやって人は自分の行動に違和感を感じて修正をし続けていくのだなぁと改めて思います。 最近思う。 人間の苦労は無駄にならないと。というのも、苦労している人は、やっぱり相手の気持ちを理解して配慮…

センター試験と読解力について。

p-shirokuma.hatenadiary.com 読解力のない人間に対する指摘は同意するが、いくつか指摘しなければならない点がある。まず、漢文と古文の成績(データ)も考慮すべきである。本人は考慮しているつもりだろうが、平均点を半分にすれば現代文の平均点が出ると…

先生に頼ってしまった・・・。

またやらかしたアタシ。 春学期に続いての、incomplete・・・ この処置は、成績をつけずに、保留をする処置です・・・。この処置がなければ、落第となり、単位が取れず、成績がガタ落ちします。 これをすると、先生に大迷惑がかかります。というか、めんどく…

ハグ。

自分の顔から、やわらかな笑みがこぼれているのが分かる。 旗から見たら、私はこの男のことが好きなように見えるのだろうか? と私は思った。 それくらい、私はリラックスというか、にやけていただろうと思う。 しかしながら、私はこの男に惚れているわけで…

私がカウンセラーに嫌われている理由。

カウンセラーには、二度ほど相談をした。 一度目は、男性に嫌がらせを受けたとき、二度目は、嫌がらせの電話を受けたとき。 一度目は、一人の男性がずっと私に付き纏うので、それを避けていたら悪化したので、怖くなったのだ。カウンセラーに、相手の男性に…

信頼とは何か。

「誰か信頼できる人はいるか?」 アドバイザーに問われた。 しかし、信頼できることと、心を開けることと、悩みを打ち明けることと、そして、その悩みを相手が理解できるかどうかは、全く別の問題である。 そもそも、利害関係がないから信頼できるという場合…

問題を解決できるのは、自分だけ。

あるお姉さんが心配して声をかけてきてくださった。 クラスをパスできる気がしない・・・と言った。 それで、自分でどうにかしようと思っていたけど、どうにもならないことを言った。 incomplete にして、課題の作成を長期休暇にやるという手法もあるけれど…

直感。

「この男は落とせる」だとか、 「この人は自分に気がある」だとか、 そう感じとる瞬間がある。 そのとき、私は冷静に相手を観察している。たとえ、それが自分が好きな相手であってもーである。それで、淡々と観察を続ける。 それで、昔は気のあるフリをして…

自分を変えたい。

男に恨まれる夢を見た。 そこから逃げ、祖母のところに私は駆け込んだ。 ジャズ・ピアニストの上原ひろみが、その恨みや嫉妬心をピアノで表現する傍ら、私はそれを文章で表現してゆく。となりにいる上原ひろみは、つらそうで、険しい表情をしている。 それだ…

【感受性】について考える。

【感受性】について考える。 私は感受性があると言われることもあるが、これを答えるのは難しい。私だって冷淡なときや、冷淡な部分があるからだ。何も感じない時期や事柄もある。一方で、新聞を読むだけで悲しくなってくるので、新聞を読まなくなった時期も…

逆境

Sweet are the uses of adversity. 逆境が人に与える教訓ほどうるわしいものはない. (シェイクスピア) これは真実だとは思うが、人によるとも思う。逆境から学べない人間もいるけれども、学べなくても逆境のお陰で人間がいい意味で変わったりするので、こ…

大学教員。

大学教員。 私が思うに、多くの大学の先生は、本当に深くを洞察すると思う。見えないものがたくさん見えている気がする。 彼らは、こちらの目を見ただけでこちらの人格まで見抜いている感じがする。もちろん、それだけですべてが分かるわけではないし、それ…

成宮寛貴くんの引退記事を受けて。

私も裏切られたことがあり、騙されたこともある。まぁ、そんな人間は腐るほどいますからな。 それは、相手がそもそも自己中心的であったり、相手があまりに大きな悲劇を抱えていて、こちらを騙さざるを得なかったり、そもそも私と相手との間に何の信頼関係も…

女心を解す男。

おもしろかったので記述する。 ひと月半ほど前に、友達に電話をした。 私「元気?」 男「うん。お前は?」 私「・・・・・・・どうしてそんなこと聞くの?いつも聞かないじゃない」 男「別に理由はないけど」 男はとぼけたけれど、私に何かあったということ…