Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「相手の仕事について、こちらから話すな」

「相手の仕事について、こちらから話すな」
「政治とスポーツの話はするな」

とか、いろいろと教わった。日常会話での禁止事項ではなく、男性と話すときの心得。

仕事の話をしないのは、仕事というのは結構たいへんでしょ。だから、そんな大変な思いから解放させてあげるためだと思う。もちろん、仕事の話をしたい人とは話すよ。

そういうこともあって、私は相手のプライベートについて聞くときは非常に話題を選ぶ。相手が話してくれそうな話題を会話の中から推測して、それについて探り探り話してみる。

人によっては職業を隠したい人、仕事の話をしたくない人、世俗的な話題を避けたい人、ただただ戯れたい人などがいるから、それを見極める。

相手が許容する話題が推測できない場合は、相手のことについては一切何も聞かない。

相手が喜んで話したくなるような話題は何か、というのを相手のバックグラウンドや会話から推測して話してみて、相手の反応を見ながら話題を探ってゆく。

相手の反応が悪ければすぐに話題を変え、相手が食いついてきたら、それをグッと深めてゆく。

会話にしても、人間関係の構築にしても、私はまだまだ修練の最中だけれども、ここまで来るのには15年くらいの歳月がかかった。うまく話せなかったり、相手がシラケてしまうことも多々あった。

もちろん、相性はあるけれども、相性の合う人が少ないのは自分が未熟だからではないかと最近思うようになった。つまり、相手と空間を作っていくような雰囲気、会話の内容(知識とか視点とか考え)というのを自分が持っていないということ。

学歴などのバックグラウンドの違いを言い訳にして話題がないという人もいるけれども、相手の持っている素敵なものを見つけて、そこを引き出していけば、相手と独特な空間を持つことができるような気がする。実際に、マレーシアの人々と私はまったくバックグラウンドが違うけれども、一緒に時間を過ごして楽しむことができる。

この記事を熟読する時間はないけれども、これはあくまで北新地(大阪の銀座みたいな位置づけのところ)の遊び方の話なので、このような世界に過度にあこがれて変なお金の使い方をするのはあまり勧めない。

多くの人は節約して日常生活を送っており、このようなお金の使い方をしたり、高級品を身に纏うのは、銀座や北新地だからというだけの話。

この常識はそういう場所ならではというところもあるような気がする。

北新地の研究はチョロッとしただけだけれなので、私もハッキリしたことは言えないけれども、ステータスの象徴としてそこに行ったり、欲望の駆け引きというのもある。結構、エグいところもある。

あと、愚痴を言わない方がいい?とか何とかあるけれども、個人的にドンドン言わせた方がいいと思う。だって、この世の中、理不尽なこともあるし、くっそストレス溜まるでしょ? そういうのを抑圧させたくないよね。

もちろん、愚痴を言わない人は、物事をネガティブに捉えないから自然と愚痴が少なくなるというのも分かるけど、まぁ、人生いろいろとありますからねぇ・・・。

愚痴を言ったら、スカッとして、パァッと心が明るくなったりするじゃない。

ということを、テキトーに書いてみた。というか、この心得帳が何故か私のPCに入ってるんだよねぇ。欲しかったらあげます。