Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

文章を読む体力。めちゃくちゃ、大事。

文章を読む体力。
めちゃくちゃ、大事です。

めちゃくちゃ、めちゃくちゃ大事です。

情報収集の基本ですから。
現代は「情報社会」だと言い、Googleに聞けば何でも分かるような感じで言う人もたまに見るけれども、そうじゃないです。

むしろ、貴重な情報ほど金銭的な対価を払わなければなりません。そして、公に出てこないので、自分から掴み取る工夫が必要です。

めちゃくちゃ分かりやすい話をすれば、新聞社に金を払ったり、要人にインタビューをするようなものです。まぁ私は日本の新聞は大キライなので読みませんが。

物事を始め、それを継続させるときにはやっぱり情報が必要です。
たとえば、日本の食品産業がマレーシア市場に進出するとき、マレーシアに住む人がどのような食べ物を好むのか、そして、イスラム教徒が多いからどうやって配慮するかなどの情報が必要です。

甘い飲み物を好むマレーシアで、日本の緑茶は売れませんよ〜(笑)砂糖いれなきゃ。とか?

これらを下調べした上で海外市場に進出しないと、失敗する可能性はグッと高くなります。

まぁ、そういうわけで、文献を探してかき集めて、そして読み潰さなくてはならないのです。

ということで、「文章を読む体力が必要」と嘆くわけです。

これまで英語の文献を散々読まされ続け(笑)あ〜日本語やったら楽なのに、と思っていましたが、日本語でも難しいものは難しいです。背景知識がないとスルッと頭に入ってこないからです。

だから、国語の先生に感謝。
「難解な文章を腐るほど読ませてくれてありがとうございます」と。

「うわああああああああ」と机にうっぷつしたくなる気分によくなっていました。

まぁ英語だと、症状はもっと重いですけどね。ぷいっとして「読みたくねぇ」ってなりますから(笑)
でも、そこをグッと踏ん張る。この心の強さが必要なんだなぁと思います。まぁ、自分を追い込み過ぎちゃいけませんがね。

ということで、マレーシアの市場調査をしています。文献を見て、そして、誰にどうインタビューするかとか、質問事項を洗い出そう。

 

www.jetro.go.jp



インタビューをするときって、やっぱり事前に調べられるだけ調べておいた方が相手から深い話を聞けるんですよね。

それで、独自で資料をかき集めたけど、まだ読んでいないという・・・・(苦笑)ああ、ゆるふわ生活と決別せねばならぬのだろうか???(号泣)