Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「なぜ男と女が惹かれあうのか考えたことある?」

「なぜ男と女が惹かれあうのか考えたことある?」

「たぶん、空気で惹かれあうんだとおもう。性格とか容姿の前に、まず空気があるの。その人が周りに放っている空気。そういう動物的なものをわたしは信じてる」

 

courrier.jp

 

このように惹かれ合う者同士の繋がりを「本能的」だと筆者は呼ぶ。

日本人の離婚率は欧州よりも低いと筆者は言う。そして、それは欧州人がより「本能的」だからではないかと言う。(まぁこれは離婚の原因を統計的に見ていないので鵜呑みにはできない。筆者の感触だろうかと思うが、そういう感触が事実を現すこともあるので、参考にはできるだろう)

以下、記事の続きである。

「時は過ぎ、そのまま破局するかと思いきや、最後の場面で、何不自由ない暮らしと優しい夫を捨て、パリまで若者を追いかけていく女。

現実の世界で、この究極の選択をする人はいるのだろうか──。肌感覚の話だが、日本人なら0.1%、いやもっと少ないかもしれない。

一方、ヨーロッパ人、とくにラテン系欧州人なら、10%程度の人がこの選択肢を取るのではないだろうか。」

私も日本人はこの選択を躊躇うのではなかろうかと思う。それは、離婚が非常にめんどくさいということ、子どものために自分がガマンすればいいという考えもあるけれども、「世間体」もかなりあるだろう。

日本人は理性で本能をコントロールするのが上手いと筆者は締めくくるけれども、果たしてそうだと言い切っていいのだろうか?

秩序が崩れる怖さが勝るのではないだろうか?